南南東の風

リンゴの効用について


  • おいしいもの

スポンサードリンク

リンゴの効用について

リンゴがおいしい季節となっています。
8月頃から11月頃までが収穫の最盛期です。
年明けまで美味しさが保てる品種もあります。

木になっているリンゴ

でも、やっぱり
旬の採れたばかりのリンゴがおいしいですね!

「りんごは一日1個で医者を遠ざける」と言います。
食物繊維がたっぷりで、カリウムなどが豊富です。

そして、血液サラサラの効果があるとか・・・。
うれしいですね!

そしてまた虫歯予防にもなるとか・・・。
何でも『アップルフェロン』という成分があるんだそうです。

リンゴちゃん

ある調査によると、肺ガンのリスクも58%に軽減したそうです。
また、その他のガンのリスクは17%の軽減だそうです。

また血行促進に効果があるので、お肌にもいいのです。
美白パワーがあるということで、
紫外線を浴びてできたシミも薄くなるということです。
メラニン値の変化が確認できるそうです。

それはポリフェノールがたっぷりのためです。
一日1個で効果があるそうなので、
しっかり食べておきましょうね!

ミキサーに入れてジュースにしてもいいですね。
リンゴはジュースにするものの代表でもあります。
他の果物と相性が良くて、味を整えてくれます。

他にも効果はいろいろあって、
中性脂肪減少、気管支喘息もよくなるし、
疲労回復にも効果あり。

血圧の上昇も抑えられ、便秘の解消にもなります。

週に2回食べていた人が
気管支喘息が改善されたという報告例もあります。

蜜入りリンゴ

ところで、りんごは蜜入りがおいしいというけれど、
どうやって見分けるのでしょう?

それは、りんごのお尻を見ることです。
お尻の色が黄色く見えているのが甘いのです。

日がたつにしたがって、
徐々に緑が消えていきますが、
それが成熟のサインとなります。
お尻で判断するのは、陽が当たりにくいためです。

お尻まで緑でなくなったら、
すっかり成熟した、ということになります。

出始めのリンゴは蜜入りが少ないということです。

また、蜜の部分は「ソルビトール」と言って、
これが甘くなる元です。

アップルパイ

たくさんの効能があるりんご。
ぜひ、おいしくどんどん食べたいですね。


スポンサードリンク



Pagetop